革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

外国人患者の問題から日本の医療を考え直す

ビル

語学の堪能な通訳者に医療用語を教えれば医療通訳士の育成として十分かといえばそうではありません。
会議通訳者が医療用語を習得すれば、医学の国際会議では通用しますが、それだけでは医療通訳士として十分ではありません。
医師や看護師と患者の考えが交錯する現場においては、医療通訳士は立場の異なる両者間の双方向コミュニケーションを支援する能力と経験が求められるということです。
大学では医療通訳のコースを立ち上げるところも出てきており、日本人の学生と留学生が机を並べ、医学部や薬学部の授業を選択できるという仕組みのところもあります。
医学や薬学という理系の知識と言語やコミュニケーションという文系の能力を包含した教養が求められており、今後は医学系と言語系の学部を持つ総合大学において通訳士に関する教育が発展しいていくことが期待されています。
外国人患者と日本の医師や看護師とのコミュニケーションに残された課題は非常に多いですが、日本人の患者のケースでも、コミュニケーションは決して完ぺきではないため、外国人患者が抱える課題を分析しつつ、患者が誰であるかは関係なしにそのあり方を見直すことが大事です。

健診システムを比較してみませんか?

東京で交通事故治療

佐野市で信頼できる歯医者

原因不明の腰の痛みに川崎の鍼灸を受けると、そのズキズキがスーッと消えていきます。

首都圏に出張撮影

ビル

最新情報

ほほえむ女性

医療通訳を行う上で必要な知識や技術

医療通訳を行うために必要な知識や技術は、語学力や文化背景に関する知識と異文化コミュニケーションに関す

葉っぱ

医療通訳士に最も求められている知識

医療通訳士に求めらている知識の中で重要なのが、患者背景と多文化に関する知識と理解です。
その内

ほほえむ女性

通訳士に求められる医療に関する知識

医療通訳士にとって必要な知識の一つに医療に関する知識があります。
まず、身体器官の仕組みに関す

髪を掻き上げる女性

医療通訳士に求められている技術

医療通訳士に求められている技術において、日本語や対象言語の基礎力がまず必要になります。
医療通